日々の楽しみメモ
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

#私ヲ構成スル9枚 PART.2

前回の続き。
20代〜の9枚です。20代の始め頃はクラブ全盛期で、ライブよりクラブへよく行っていました。
UNDERWORLDやケミカルブラザース、HARDFLOORとかのクラブミュージックにどっぷり。
仕事もそちらメインの雑誌だったし、何年か日本のバンドは熱心に聴いていなかったような気がします。
が!1999年。くるりです、くるり。
くるりのデビュー前の音源をサンプルで聴いたかライターの人から話を聞いたか、とにかく久々に「好きだ」と思うバンドが出てきてバンド熱がふつふつと再燃して興奮したのを覚えています。1999年あたりはたくさんいいバンドが出てきました。
ちょうど2000年に仕事を辞めて東京から神戸へ引越したので、私の中での第2のバンドブームは関西暮らしと同時に始まった感じ。
というわけで、左上から2枚はくるり。デビュー盤と2枚目はサンプルで頂いたので、右の青のジャケ「TEAM ROCK」が初めて自分で買ったくるり。大阪でのライブにも何回も行きました。臨月にも(笑)
そして妊娠中にヘビロテしていたのが、アジカンの「ソルファ」とGRAPEVINEの「CIRCULATOR」。
「ソルファ」の頃はアジカン自体もまだ若くて初々しかったし、私自身も新米妊婦でなんか頼りなく、未知の領域に飛び込む前。
その辺りの微妙な具合が見事に合わさってインプットされているので、いま聴いてもきゅんと切なくちょっと恥ずかしい気持ちになります(笑)
GRAPEVINEはただただかっこよくて。田中くんのツンデレな歌い方が好きで。
このあとは娘を出産して、ちょこちょこいろんなのを聴いたりしつつも子育てに夢中でライブどころでもなく、何年かまたバンド空白時代。
そこへ突如フジファブリック。志村くんのことをきっかけに。私の中の第3次バンドブームの始まり。
星野源はソロで出した最初のアルバム「ばかのうた」を本当によく聴いていました。
そして3年前にKANA-BOONに出会い、いま一番大切なバンド、コンテンポラリーな生活、にたどりつくのです…
なんかざっと振り返りすぎたけど(笑)
でもそれくらい、あっという間の20年でした。
というわけで、私を構成する計18枚。振り返ってみました。
自己満足だけど楽しかった!
これから次の9枚はどんなものになるのか。また楽しみ。
でも20年後、とか考えると恐ろしいな…(笑)

 
#私ヲ構成スル9枚 PART.1

1月もあっという間に終わりました。
早くも家計簿脱落しそう。文を書くのも面倒。夜は子どもと寝落ち、そんな毎日。
でも、先日からinstagramで流行っているこれをやったら懐かしくていろいろと聴きたくなって、夜な夜な聴いています(結局何もせずそんなことばかり・笑)
↑は、とりあえず物心ついたときから10代の終わりくらいまでの、「私ヲ構成スル9枚」を思いつくままにならべたもの。
あらためてみてみるとその当時の友達とか光景とかと一緒に思い出すアルバムが多い気がするな。

左上から順に…チェッカーズの「毎日チェッカーズ」。これは小学生のころ友達にダビングしてもらって聴いていました。もちろんカセットテープで。明日、結婚しよう〜とかいう歌詞の曲が好きだったな。そこまで熱烈なファンじゃなかったけどかっこいいと思ってたんだろうな〜。
次はボウイの「BEAT EMOTION」。中1のとき、教育実習に来ていた男子大学生がくれたアルバム。英語の先生だったけど、このアルバムの歌詞の英語の部分を引用して年頃の娘にいろいろとアドバイスしてくれました(笑)懐かしい!
そしてTMネットワーク「Self Control」。これはいろんな意味でその後の私に影響を与えた気がします。この歌詞を引用した作文が学年だよりに載ったこともある。恥ずかしい〜。実はまだそれ持ってる…(笑)
坂本龍一は、ピアノを一生懸命やっていたので心の師匠でした。この「NEO GEO」は母の暑い車の中で聴いていたのを覚えています。
佐野元春は高校生の頃すごく影響を受けた一人。音楽だけじゃなく雑誌とかインタビューとか追いかけてたな。母とよくライブにも行きました。高校を早退して行ったこともあります(もう時効だから告白・笑)。
ユニコーン、THE BOOMは、当時のバンドブームに出てきたバンドの中でもいちばん好き。特にこの2枚は本当にヘビロテしたと思う。大人になって音楽雑誌の仕事をするようになってMIYAと接点ができて、ライブに招待してもらったこともありました。感無量だった。懐かしい思い出。
コレクターズは、高校の頃影響を受けていた年上の男友達が教えてくれたバンド。このアルバムの中に「30」という曲があって、「もうすぐ30〜、とてもヘヴィさ〜」とか歌ってるんだけど…いつの間にかそんなのは通り越してしまった(笑)
オリジナルラヴは、大学に入りたてのころよく聴いていました。この頃からクラブミュージックに傾倒していくのでバンドは数年お休み(笑)
90年代終わり頃にくるりが出てきてバンド熱再燃するのですが、そこからの9枚はまた次回に!
夏の思い出−夏フェス編。
vscocam-photo-1.jpg フェス夜
夏休み後半。帰省も兼ねて今年も「WILD BUNCH FEST.2015」へ行ってきました。
今年は2days!
しかも1日目は、クロージングアクトがフジファブリックの総くんだったのでラストまで!
若かりし頃、まだフェス創世記だった頃からロックフェスや野外ダンスイベントなど、仕事も含めて何度も行っているので、準備はいつも万全、というより適当(笑)。
ただ、自分自身が年をとってきて体力がもつかという心配は出てきたけれど(笑)。でも何とか無事に2日間楽しみました。

ではさささーっとレポ。
1日目。弟の車で実家から出発→駐車場待ちの間に昼ごはん(弁当持参)→きゃりーぱみゅぱみゅ→THE ORAL CIGARETTS→フレデリック→KANA-BOON→KEYTALK→休憩(夕食/それぞれに好きなもの買って。私は長州名物の瓦そば)→海辺で総くんの弾き語りライブ。
初めて観たORALとフレデリック、若くてエネルギッシュなライブでよかった!でも弟夫婦&オットは斉藤和義観たのだけど、すごくよかったらしいのでそっち行ってもよかったなぁ…と思ったり。KANA-BOONは圧巻のステージでした。2年前はオープニングアクトでまだまだMCもつたなかったのになぁ。すごいすごい!
でもなんといっても一番は、総くんの弾き語り!
海にぽつんと浮かぶ島でギターを弾きながら歌う総くんがもう最高。砂浜にすわってしみじみ。
ほのぼのとしたMC、みんなとの一体感。なんともいえない心地よい時間でした。フジファブリックのライブとはまた違う感じ。よかったなぁ。

2日目。さすがに体力もたないのでゆっくりめに出発。この日は私達家族だけなので電車とバスを利用。まずはおにぎりで昼ごはん→オットだけ9mm Parabelium Bullet(私たちは買いもの)→BOOM BOOM SATELLITES→グループ魂→キュウソネコカミ→サブステージの木陰で休憩しつつandrop→ONE OK ROCKを何曲か観て→シャトルバスで移動→駅で夕飯を食べて→新幹線で帰宅。帰りの新幹線はフェス帰りの人だらけ。なかには最寄り駅まで一緒だった人もいました。すごいなー山口(笑)。
で、2日目はなんといってもグループ魂とキュウソ!
息子も大喜びの2組でした。阿部サダヲのどぎつい下ネタMCにちょっとドキドキしたけれど、ハードすぎて子ども達にはわからなかったようでよかった(笑)。そしてキュウソ。あんな大きな会場で観たのは初めてだったけれど、貫禄出てきてすごくいいライブでした。楽しかった!ただブンブンから3バンド、炎天下でノンストップだったので、さすがにばてました。でもここの会場には木陰や屋内スペースなど、休めるところがたくさんあるから助かるのです。andropのときは木陰でのびてた(笑)。
vscocam-photo-1-2.jpg フェスグッズ
そして今回のお買いもの。
娘はKANA-BOONのキーホルダー、キュウソのヘアゴムとキーホルダーを購入。私はキュウソのマグボトルとフジファブリックのタオル、息子もキュウソのキーホルダーを買いました。
若者達はTシャツやらフェスタオルやらのグッズを山のように買っていてうらやましかったけど、うちはちょこちょこ派(笑)

…と一気に振り返ったけれど、もうずいぶん前に感じてしまうくらい、2学期はバタバタと過ぎています。
あぁ、来年も行けたらいいなぁ。憂鬱な事柄がいっぱいある世の中だけど、音楽を純粋に楽しむ心を失わなければ、きっといい方向に向かうはず、と思うのです。
ライブ三昧
10423682_764894653630092_6031622350837332793_n.jpg 
4月29日。今年もポートアイランドで行なわれるチャリティーフェス「COMIN'KOBE」へ行ってきました。今年は本当にすごい人! メイン会場のワールド記念ホールへ入るのも至難の業だったので、今年はサブ会場で楽しむことに。
それでも、KEYTALK、My Hair is Bad、Scoobie Do、夜の本気ダンスのライブを堪能!
KEYTALKのライブはやっぱり楽しい!
子ども達も好きな「MONSTAR DANCE」や「桜花爛漫」もやってくれたし、久々に観てまたKEYTALK熱再燃。ちょうどアルバムが出たのでやっぱり買ってしまいました(単純)。
で、一番観たかったフレデリックは、友達からたこ焼きパーティーの誘いがあったため観ずに退散(笑)またのお楽しみに…
 
そして5月31日は、大阪城音楽堂で行なわれた「OTODAMA ヤングライオン編」へ。
今年は私の大好きなコンテンポラリーな生活が出演。家族で観られるチャンス!ってことで、行ってきました。娘もコンポラTデビュー(笑)。私も秘かにコンポラBAGで。
お客さんが1000人以上もいる会場で、しかもすごくいい天気のなか、コンポラのライブはもう最高。
ライブハウスで観るのとはひと味違いました。メンバーも生き生き、パワーがみなぎっていたなぁ。すごくよかった!オットも子ども達もノリノリ、みんなやっぱり大好きになってくれました、コンポラ。
途中、公園内で軽食食べたり遊具で遊んだり、のんびり休憩もできたし。
最後はプププランド、シナリオアート、夜の本気ダンスで締め。
この3バンドの流れがとってもよかった。いいバンド、みんな。
この会場の雰囲気がいいからかな、心地よくてすごく充実したイベントでした。
子ども達のリクエストで梅田のポケセンに寄ってから帰りました(それがいちばん疲れた…笑)。

先週発売された待ちに待った新譜。渾身の5曲入り!この1週間これしか聴いていません〜!

さてさて、お次は久々のKANA-BOON&キュウソネコカミの企画ライブ!
その後もコンポラ2マン、夏フェス、と続きます。体力つけなくっちゃ。
音楽三昧。
vscocam-photo-1-12.jpg vscocam-photo-1-11.jpg
4月5日。2月終わりのライブが終わったとき、次のライブは桜の頃かぁ、と思ったのだけどあっという間にその日がきました。コンテンポラリーな生活のライブ!
今回は2マン企画、オワリカラとの2マン。
オワリカラ、初めて観たのだけど、演奏うまいしかっこいいし、楽しませてもらいました。
コンポラのおかげで最近いろんなバンドのライブ観られて楽しい(笑)
コンポラももちろん、かっこよかった。
今回は十三にあるファンダンゴというライブハウス。
いかにもライブハウス!という感じで、東京時代を思い出しちゃった。
20年前はオットのバンドもああいうライブハウスでライブしてたんだよな〜。懐かしい。
今のコンポラと同じくらいの年齢…
あぁぁ年を取るって恐ろしい(笑)
それはいいとして、娘も欲しいかも!?とか勝手な言い訳しつつ、かわいいトートバッグも買ってきました。
息子が気に入って、出かけるときやたらと「今日のバッグこれにしたら?」と言ってきます(笑)。
来週のカミングコウベにはこれで行こうかな〜。
vscocam-photo-1-1.jpg vscocam-photo-1-3.jpg
(右)梅田のフライングタイガーでみつけたミニギター。子ども達におねだりされて購入。プチプラの割には一応チューニングできるしそれなりに音が鳴ります。こういうものならお母さん、いくらでも買っちゃう(笑)本物のギターも、そのうち…ね(笑)
ライブの週にはこちらも届きました(写真・左)。フジファブリックの武道館ライブのブルーレイディスク!
武道館は本当に音響がすばらしいので絶対これは買わなくてはと思って。
うちの小さいテレビで2夜連続、深夜に鑑賞。フジファブリックにはいろんな思いがあるので、感慨深いものがありました。

音楽っていいな。些細なことだけど好きな音楽に出会えて囲まれてほんとうに幸せ。
そんなことを思って、娘の中学の入学式を迎えた呑気な母なのでした…(笑)
飽和状態。
 
気付いたら数日がたっている、というくらい一日一日が過ぎていくスピードがはやい今日この頃。
先週18日は、タワレコ八尾店のイベントにコンテンポラリーな生活が出演するというので、友達と夜のアメ村へ繰り出しました。
繰り出した、といっても、遅めに出て、アップルストアに並ぶ異様な行列をみて(iPhone6の発売前夜だったので)、たこ焼き屋でちょっと腹ごしらえして…そんな程度(笑)。
7月以来のコンポラのライブは、やっぱりよかった〜!
お客さんが少なすぎてどうなることかと思ったけれど、なんだかあたたかくて微笑ましいライブで(やっぱりどうしてもオカン目線・笑)。
またすぐ観たいな。
夜のアメ村は怪しすぎたのでライブの後はさっさと帰りました。

17日はくるりの2年ぶりのアルバム発売!
若いバンドにかまけながらもやっぱりここ15年の私の基本はくるり。
思いきりおもしろいことや新しいことをやりたい放題やっているのだけど、オープンで道が開けた感じ、のアルバムでした。
勇気がもらえました。同世代の安心感もあります(笑)。
今年はすごく久しぶりにワンマンライブに行くのでどきどきしています。

…と、ちょっともう、音楽のことで頭と体が飽和状態。
いろんなところから音楽や情報、入れまくりなのだけど、ちょっと、整理しよう。
と思いつつもちょっと気になるバンドをみつけてしまったり。
やっぱり、欲張りみたい。
まだ出会っていないけれど、もし出会うべく存在しているものがあるなら、やっぱり出会いたい。
そんな感じかな。
一期一会が多すぎる気もする今日この頃なのです。
KANA-BOON野外ワンマン!
 
夏休みの終わり、8月30日。
KANA-BOONの野外ワンマン「ヨイサヨイサのただいまつり!」に行ってきました。
小学生は無料!と太っ腹だったので、娘と娘のKANA-BOON好きの友達も連れて、私の友達とその息子くんも一緒に、わいわいヨイサヨイサとはるばる泉大津フェニックスまで。
チケット取ったときは泉大津がどこかも調べずに…だったのだけど、意外と遠くて(駅からはシャトルバスだし)少々気が重かったのだけど、行ってみればもうそんなの関係なし!
フェスには何度も連れて行ったことある娘も、友達と一緒なのでテンション高く、いきなり物販でお揃いのラバーバンドを買ってノリノリ!
わなげコーナーでわなげしたり、たまごせんべい食べたり、おこづかいを使い果たしておりました(笑)。
少し遊んで腹ごしらえもできたころ、ライブスタート。
ステージ観て左サイド、けっこう前まで行けて、でもぎゅうぎゅうではない子連れには絶好のポジションを確保。
王道ナンバーを次々とやってくれて、先週のフェスのとき、キュウソでもKEYTALKでももじもじとしていた娘がなんと!右手を挙げ始めた(笑)!
本格ライブデビュー!!
はしゃいでくれて母はなんだかうれしかった〜
もちろん母も超はしゃいでしまいましたけど。
鮪くんは要所要所ですごく心に響くこと言ってくれるし、メンバーもゆるいMCで笑わせてくれるし、本当にみんないい子だよなぁ…とほのぼの。
でも演奏は本当に力強くかっこよくて。いいバンドだなぁ、KANA-BOON。
去年KANA-BOONを知ってそれ以来CDも全部買ってるし、去年と今年に限れば実は一番ライブをたくさんみているのはKANA-BOON。
コンテンポラリーな生活を知ったのも彼らのおかげ。
この1年ですごく大きなバンドになったけれど、すごく謙虚だし誠実だし、だからまわりの大人からもファンからも愛されるんだろうな。
娘も昨日いろんなものをKANA-BOONにもらったに違いない。
そういえば、私もちょうど娘くらいのときから本格的に音楽に影響を受け始めたのでした。
人生の節目節目に、いろんなバンドがいました(大げさだけど本当に・笑)。
娘のバンド好きの歴史の一ページが始まった夜だったかも!
本当にみんな楽しめてよかった。
 
↑(右)先週フェスで買いそびれたタオル買えた!あとは娘が買ったラババンとわなげの残念賞のステッカー。
帰りのシャトルバス待ちに2時間半かかって、あと20分で終電だった、ってくらいの時間にやっと帰路につき、甲子園に着いたのは深夜0時すぎ、寝たのは1時過ぎ…
今朝は案の定寝坊して、娘は大慌てでアイススケートに出かけていき…
私は全身の疲労がまだ抜けず…でも本当にライブ楽しかったからそんなことどうでもいいや!

母と姉がはしゃいでいた間息子はボーイスカウトの舎営に行っていて、今日無事に帰ってきました。いろいろと話を聞かせてくれて、成長を感じました!
今月末にカブ隊に上進します〜
そんな息子、KANA-BOONのライブの話を聞いてくれて、今日の午後はKANA-BOON祭りに付き合ってくれました。みんなで大合唱〜

終わってみればライブづくしの夏休みでした。
さてさて明日から新学期。子ども達頑張れー(笑)
帰省して夏フェス。
 
8月23日。
今年も、帰省がてら、山口・阿知須のきらら浜で行なわれた「WILD BUNCH FEST. 2014」へ行ってきました。
実家から近い場所で豪華な夏フェスがあるなんてほんとラッキー。
今年も弟夫婦と一緒に。車でビューンと行けるのってらくちん!
今年は私たちの好きなフジファブリックは出なかったけれど、でもよく聴くバンドや昔よく聴いていたバンド…とバラエティに富んだメンツが出演。
2日のうち1日目だけの参加だったけど、思いきり楽しんできました!

「曇り時々雨」の予報が、朝からけっこうな晴天。
着いたのはお昼前でそれはそれはかんかん照りで、まずは持参したおにぎりと買いものしたおかずでご飯。でもあまりに暑くてすぐにバテバテに…
しかも去年よりはるかに人も多い〜。くらくらしてしまいました。
すぐに屋内スペースに移動して体力温存して、サブステージのキュウソネコカミのライブからスタート!
すごいお客さんの数!
途中何度かつぶされそうになったけれど、思いきり弾けて汗だく(笑)。
娘もお立ち台を上手い具合にGETしたのでまるまる見えて楽しかったみたい!
オットは初のキュウソのライブで興奮していました!(弟夫婦はKANA-BOONを観たので別行動)。
最初のライブで最高潮になってしまって、そこからもうノンストップ。
キュウソのあとはすぐそばのステージで弟たちと合流し真心ブラザース。
懐かしい曲もやってくれたしMCもゆるゆるで(同世代で・笑)おもしろかったし、最高!
西日にクラクラきたけれど観てよかった〜
でもかなりバテたので、屋内で休憩がてらKANA-BOONの公開ラジオ収録を間近でみつつ休憩。ここではかなり和みました。
グッズ物色したり少しゆっくり。
体力回復したところで東京カランコロン。
SEがTUBEのシーズンインザサンで、盛り上がった盛り上がった(笑)
冬フェス以来のカランコロンだったけど相変わらずかわいくて楽しいライブでした。
木陰で緩やかな丘になっている場所でみたからばっちり。
お次はメインステージに移動して[Alexandros]。
王道の曲をいっぱいやってくれて貫禄のドロスを堪能したあとはまたサブステージに移動(ステージの往復がけっこう大変だった)、スガシカオのライブを観ていた弟夫婦とまた合流、みんなでKEYTALK〜。
すっごい楽しかった!
私もう楽しくて弾けまくったみたいで、隣の高校生くらいの男の子に二度見された(笑)
アラフォーだって楽しいんだよ〜、君もあと20年たてばわかるよこの気持ち、とか思いつつ(笑)緩やかな丘ではしゃぎすぎて、足の筋を少し痛めたのでした…(苦笑)まぁそれはいいや。
KEYTALKのみんなも楽しそうだったなぁ。
後半の義勝くんの弾けっぷりにはオットも爆笑していた(笑)。
巨匠なんてアンコールの終わりにステージの裏手にあるビーチにダイブしてたし!
ステージとオーディエンスの一体感がすごかったなぁ。

…と私的にはここで今回のフェスの目的のライブは終わったので、心残りのないようグッズ売り場をもう一度物色して…でもせっかくなのでDRAGON ASHを観て、ふるやくんの男前っぷりに感動して、みんなでたこ焼き食べてから、真っ暗になったところで帰路に着きました。

あぁもう楽しすぎた。
何だかもう、いろんなことや人に感謝してしまった。
そしてもちろん、来年も行く。絶対行こう!

並ぶのがいやなので空いているときを狙ってグッズ売り場へ。
↑お目当ていろいろ売り切れてたけれど、かわいいもの少し買えて満足。

実は今週末も、KANA-BOONの野外ワンマンライブ「ただいまつり」へ行くのです…
もう、このライブ通い、止まりそうにありません。
…と、わかる人にしかわからない興奮冷めやらぬ長々レポ、失礼しました(笑)。
コンテンポラリーな生活。
 
先週金曜日、コンテンポラリーな生活のライブでした。
少し前にイベントでライブを観たばかりなんだけど、ここ20年で、くるりの岸田くん、フジファブリックの志村くん以来の衝撃といっても過言ではない、それくらい惚れ込んでしまったバンドなので、ツアーのファイナルに絶対行かなくては!と少し無理をして行ってきたのでした。
この間のライブに付き合ってくれた友達もまんまとコンポラにはまってしまったので、また一緒に、アラフォー2人での参戦。
今回はコンポラ主催のライブだからコンポラを好きな人たちがたくさん!
客層は不思議なほどバラバラなんだけど、とっても温かい雰囲気。
なんか、よかったなぁ。
対バンのサラバーズもとってもかっこよかった(男前でびっくり!ライブ後に物販に立ってたから思わず何か買いそうになったくらい・笑)。
そしてコンポラのライブ…
なんというか、もう自分たちのすべてを楽しみながら純粋に思いっきり出し切った、という感じで、私たちはもう母親のように「よかった〜、ほんとがんばったね〜」って(笑)
すごいライブだったのです。うまく言えないけれど、本当に、よかった。それにつきる。
本当に、いまの時点でのコンポラを観られてよかった。

…と、なんともいえない満足感で、終わってからもなかなか帰る気にならず、とりあえずライブハウス近くにあったさびれた自販機でチョコラBBを買って飲んで疲れをいやし、サラバーズの男前くんを眺めつつ(笑)余韻に浸ってから帰りました。

次はワンマンライブ。
いつになるかまだわからないのだけど、たぶん年内。
楽しみで仕方ない。
それまで、普段の生活をがんばろう!
当然土曜は朝から晩までコンポラ祭りでした(笑)

バンド三昧のこのごろ。
 
6月も音楽三昧です。
18日に楽しみにしていたキュウソネコカミのデビューミニアルバムが出ました。
おまけのDVDが最高で、もう、夏のライブまで待ちきれない感じ。
アルバムの内容もなかなか!キュウソらしい!
子どもも気に入りそう。
だけど、小学2年生が歌うには危険な(笑える?)歌詞があったりするので、一部は聴かせていません(笑)
 
と、連日キュウソ祭りだったのだけど、21日はKANA-BOONのライブで、この週末は見事にKANA-BOON祭り(笑)。単純だなぁ…
ここ10年くらいでワンマンのライブというと、くるりとフジファブリックしか行ってなかったから、すごく新鮮でした。
当然のように10代〜20代前半のお客さんに混じって、アラフォー2人で楽しみました〜。
あったかいライブだったなぁ。
そして今回はグッズもかわいかったので、行く前から納豆タオルだけは買おうと決めてたのだけど、調子に乗ってトートバッグまで。キーホルダーは息子にお土産。
この納豆タオル、かわいいのに、もう一種類のカラフルなお米ちゃんタオルが断然売れているそう。びっくり。ジェネレーションギャップ!?(笑)

この頃、音楽聴いてばかりで何もしていないのです、ほんとうに。
停滞しています。まぁいいか。

↑ギャラリーのDMとか子ども達からの手紙とかを飾っているコーナーがいつの間にかこんなことに。バンドコーナー(笑)