日々の楽しみメモ
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 冬ごもり | main | 年始にすっきりカバー替え >>
劇的な有馬の午後
BLOG4783.JPG BLOG4785.JPG
お正月三が日が明けて、やっとオットが今日から連休です。
いつもは一泊旅行に出かけるのだけど、今年は近場をぶらぶらしたり買い物したり、ゆっくり過ごすことにしました。
一日目の今日はまずお墓参り。
せっかく神戸の北区まで出かけるので、ついでに有馬温泉に寄って旅行気分を味わおう!ということにしていました。
子どもが生まれてからは近いのに一度も行っていなかったし…

お墓参りのあと、神戸電鉄に揺られ、久々の有馬に到着。
昨夜ネットで調べて、芦屋で有名な十割そばの「むら玄」が有馬温泉にあるのを知り、お昼はそこでと決めていました。
有馬に着いたのはもう昼過ぎ。お腹もぺこぺこ。
とりあえずは一目散に「むら玄」めざして歩きました。
その直後、感動的な出来事が起こるとも知らず…
むら玄が見えたそのとき。
むら玄の方から駐車場を探している風の男性が。
近づいたときオットが叫んだのです。「Jくん〜?えーっ!まじで〜??」
なんと、何年も会っていなかった東京在住の友達夫婦がそこにいたのです!

東京に住んでいた頃。
私は音楽雑誌の編集をしていて、友達夫婦はレコード屋の店長と事務をしていて知り合って。
年も近いし家もわりと近くて、よく4人でクラブに行って遊んだり、互いの家で食べたり飲んだりしていました。話がつきず朝まで泊まり込みで遊んだことも何度もあって。
そのうちに私たちが神戸に引越することになり、もともと神戸&西宮出身だった二人に不動産の友達を紹介してもらい、家探しもしたのです。
東京とこっちに離れてからは、お正月の帰省は逆(二人がこちらに帰省でうちは山口か東京に帰省)、たまに私たちが東京に帰るときに会っていたのだけど、子どもが生まれてからは夜外食するのも難しくなかなか会えなくなって。
もう何年も会っていなかったのです。
でも年賀状は出し合っていたし、たまにメールしたりもしていたし。
何年かぶりに会っても、まるでついこの間会ったかのように自然としゃべれる間柄ではあったのだけど。

そんな二人に、今日、有馬温泉で、あの時間、しかもむら玄で会うなんて(笑)。
彼のお母さんも交えていっしょにおそばを食べながらずっと興奮状態。
偶然私たちが山口から早くこちらに戻ってきて、彼女たちもたまたま滞在を延ばしていたようだったのです。
しかも「むら玄」に行こうと決めたのがお互い昨日だったみたいで。
もう神様が仕組んだとしか思えない(笑)。
おそば屋だけでは足りず、その後珈琲も飲みに行き、しゃべるしゃべる…(子ども達がちょっと退屈したのでオットがカフェの隣の明石焼屋さんに連れていってくれた・笑)。

有馬で宿泊予定の二人は一度宿へ。
私たちは立ちより湯の「金の湯」へ。
そして1時間後にまた集合です!

男二人は玩具博物館そばのバーで飲むというので、私と友達のKちゃんと子どもたちは有馬温泉散策へ。
念仏寺と温泉寺、極楽寺にお参りして、念仏寺の御朱印を頂きました。
おもしろいお地蔵さんに遭遇したり、雪も降ったりで、わいわい楽しい道中でした。
BLOG4788.JPG BLOG4793.JPG
友達おすすめの雑貨屋さん(吉高屋)でかわいいてぬぐいもみつけました。
ちょうど閉店したところだったのを、ドアをノックして開けてもらったのです(笑)。
そういえば東京で、仕事の合間に一緒にご飯をよく食べていたのだけど、二人ともお店にちょっとわがままを言ったりはっきりとモノを言ったり、図々しかったのを思い出して笑いました(笑)。
BLOG4794.JPG BLOG4792.JPG
川上商店で佃煮も買いました。
友達が娘に、有馬サイダーのストラップも買ってくれた!
木のミニチュアのコーヒーセットは娘がお年玉で買いました(有馬玩具博物館で)。
散歩の締めはほかほか蒸したての酒まんじゅう!
女同士はこれだから楽しい! 息子もぺろりと食べていました〜。
BLOG4786.JPG BLOG4787.JPG
そしてバーに戻りました。(金の湯向かいのバー ニュールンベルグ
男達はかなり盛り上がってがっつり飲んでいたので、じゃぁ私たちもと、チャイを注文。少しのつもりが…
バーの奥がわりと広いカウンタースペースになっていたのですが、そのうちに奥の客が私たちだけになったのです。
もうリラックスしてしまい、もう一杯、もう少し…って。
そのうちに子ども達もすっかりはじけて盛り上がってきて。
結局、そのバーで3時間も過ごさせてもらったのでした。
ほぼ貸し切り状態で、思う存分おしゃべりできました。
夜は家でしゃぶしゃぶの予定だったけれど、もうそんなのはどうでもいい(笑)帰路に着いたのは夜の8時前。9時頃、ハンバーガーを買って帰宅したのでした。

あぁ、ほんとにほんとに、楽しかった。
子ども達も思いがけない午後を楽しんだようで、帰りの電車で、娘も興奮気味に「すごいよね〜あんなとこで会うなんて!」って。
すごいすごいって興奮しながら帰ってきました。

東京で遊んでいた頃は、まだまだメールもそれほど浸透してなかった。
メールやツイッターでつながっているのが普通で、友達との関係もいろんな意味で麻痺しそうな今日この頃だけど、今日は、そういうつながりじゃない、本当のつながり?のようなものを感じてうれしくなりました。
携帯に頼らずとも、会える人とは会える。
もちろん、そういうツールがあるおかげで出会える人もいるのだけど。
どういうきっかけであれ、大事なのは、本人同士の生のつながりなんだな…
そんなことを思った、有馬温泉の午後でした。

新年早々、こんないいことがあって、今年はいい一年になりそうです。
スポンサーサイト
すごいことがあったね!二人の共通の友達でよかったよ。自分だけの友達ならそんなに長くは思い出にひたれないものね。私も中学の男友達に19歳の与論島旅行でばったり会った時はびっくりしたよ!何年も会わない友達でもあっという間に時間が戻るもんだよね。
シェリー | 2012/01/06 00:40
COMMENT