日々の楽しみメモ
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

山口でも骨董市


今回も、狙ったわけではないけど、帰省中にたまたま骨董市がありました。
子供たちは両親と留守番してもらい、義妹と2人で朝早くから気合いを入れて出かけました(「ゴセイジャー」が始まってすぐ出発)。
天気もよく骨董市日和。桜も満開ですがすがしい朝!
早すぎたかなぁなんて思ったけど、すでに賑わっていました。
入口付近から順に覗いたけど、好みのお店が次々にみつかり、今回はかなり収穫が多そうな予感。
まずはざっと回ってなんとなく下見をし、次はじっくりと回ります。
といっても、ざっと一周するだけでもかなり時間がかかるくらい広いしお店も多くて大変なんだけど。

今回は、今私の中でブーム中の昭和初期のプレスガラスのお皿があればなぁと秘かにテーマを決めていました。
まずは、前回、目覚まし時計やバットを買ったかわいいお店に。
お店の方とおしゃべりしながらまたまたかわいいものがあったので物色。
前回実は気になっていたプレスガラスのお皿がまだあった!
よく見ると中心が星形でとてもかわいいし状態もいいし。2枚セットで少しまけてもらい、子供たちのお土産用に古いキャラクターのめんこもおまけでつけてもらいました。
ここでいつもの予算に近い額を使ってしまったので(笑)山口ということもあり(どういう理由かわからないけど...)予算を急きょ拡大。
そういうわけで、次なる出会いに向けて歩いていたら、最初に買ったプレスガラスの真ん中の模様とにた感じの星形の模様がついた小鉢(少し大きめだから使い道多そう)をみつけて、それも2枚購入!
そのあとは、雑貨屋さんにもおいてそうな古道具ばかり扱っているおじさんのところで、かわいい色の木のハンガーを破格値で。
もうだいたい満足な感じでふらふらと歩いていたら別行動していた義妹と遭遇したので、温かいコーヒーをフリマコーナーのブースでゲットして休憩です。
この時点で10時近く。あっという間に2時間程が経過していました(笑)
でもまだまだ、歩く気満々でまたぐるぐる。
そしたら、テントもたてず、商品もきちんと並べられていない、店主もいないお店でなんと、先日四天王寺の骨董市でみつけた昭和初期の剣先コップのおおぶりのものを発見!
まわりのお店に「ここの店主さんは?」と聞くと、みなが「どっか遊びに行ったよ〜」と...。
でもとりあえず値段だけでも聞かないと心残りだと思って、何度か周辺の店をぶらぶらしながら戻ってみるんだけど、まったく会えず。
待っている間に向かいのお店でかわいいフランスのレースモチーフを買ったり、あまり見ない形のアルミのプリンカップを古家具が充実していたお店で2枚100円で買ったりもして、4度目に戻ったとき、ほんの一瞬店主さんが戻っていたのです!
隣のお店のおじさんが「お客さんが待ってるよ」と伝えてくれたみたいで、やっと会えました。
そして値段を聞いたら、思っていたよりもすごく安くしてくれた!
戦後すぐくらいのものらしいので、それにしてはお得なお値段だと思う。
四天王寺のときよりお得だったし。田舎価格なのかな。
というわけで、めでたく購入できました。
夏はこれで冷やした三年番茶をごくごく飲みます。
↓本日みつけたプレスガラスたち(これだけでいつもの私の骨董市の予算5000円は軽くオーバーだけど...)。

真ん中のお皿が前回もいろいろと買った「おとく屋」さんのブースでみつけたものなんだけど、実家にある別冊太陽の「骨董をたのしむシリーズ 明治・大正のガラス」をパラパラみていたら、なんと大正10年の「星に縦筋文皿」というお皿と柄も大きさもまったく同じ!
同じ型で作っているんですねきっと。そんな古くからあった模様だなんて、ときめいてしまうなぁ。
夏に向けて、これらを食卓に登場させるのが楽しみです。
その他の戦利品です。
↓おまけに頂いためんこ2種と、小鉢を買ったお店でみつけた1920年頃のフランスのレースのモチーフ。安かった。

↓木のハンガー。祖母に「こんなんをわざわざ買ってきたの?」とびっくりされてしまったけど(笑)
右は、義妹の戦利品。月兎印のほうろうのポットとトレイ。
このほうろうポットはデッドストックだからとってもきれい。色もいいし。
トレイもわりといい木だし破格値でした。
初の骨董市でかわいいものみつけてこちらも大満足の様子でした。
 
こんな感じで、いろんなものを見て欲しいものも買えて、いろんな店主さんにいろんなこと教えてもらって、大満足。
骨董市の後はランチでも、と思っていたのだけど、知り合いの人のブースで美味しそうなお弁当を売っていたので、それを買って会場内のベンチで食べました。外で食べるのが今日は本当に気持ちよかったなぁ(本当言うと、予想以上にお金を使ったので、ランチ代を節約したというのもあります)。
お土産に焼き菓子も買ったけど、こちらもコーヒーに合っておいしかった!
 
今回は本当に満足の骨董市でした。かわいいお店も何軒かあったし毎月でも来たいくらい。
いっぱい歩いてすごく疲れたはずだけど、そんなの感じないくらいでした。
(そしてやっぱり、買い物する気満々のときは、私は一人で回るほうが集中できて冷静になれることがわかりました。友人と行っても、現地では別行動のほうがいいものがみつかるかも!)
さぁ、次はどこの骨董市に行こうかなぁ。
最近、中毒気味です。

一点買いー大阪おでかけpart1ー

今日は「女子部(5人)」で四天王寺骨董市へ。
息子もオットも抜きで娘と二人、しかも友人達とお出かけなんてあまりないチャンスなので、何日も前から楽しみにしていました。
女同士でわいわい買い物が一番楽しいんだよなぁ。
私は先月も行ったけれど友人達は初の四天王寺。
それぞれの「らしい」買い物を我がことのように楽しんでいたら、私のいつもの物欲はどこへやら…
小ぶりのプレスガラスの剣先コップをみつけて、2脚買うからと少しだけまけてもらって大満足!
少し気になるもの(レトロなベージュと赤のサーモスの水筒とかモスグリーンがかわいかった水筒とか。今日は水筒が気になったようです、私)もあったのだけど、先日フリマでおしゃれな保温カップを売ったばかりなので、似たようなものを買うのもなぁ…と踏みとどまりました。アラジンの水筒、持ってるし(笑)。
女友達と行くと、けっこう「歯止め」が効いていいかも。

さてさて、今日のめっけもんのプレスガラスの剣先コップ。
似た形のものは今でもいっぱいあるけれど、明治から昭和初期くらいまでに型押しで大量に作られたプレスガラスは、昔の製法だし不純物も入っていたりで、くすんでぽってりしてちょっと野暮ったい感じの、なんともいえない雰囲気があるのです。
よく古道具屋さんでみかける病院名が入った薬の瓶とかもプレスガラス。文字の型が押されているというわけ。
現代の工場で作られたものとか吹きガラスのような透明感はないけれど、ちょっと調べてみたら倉敷意匠がわざわざ昔の製法で復刻版を作っているようで、それくらい今では逆に新鮮なのかも…。
今日買ったものはちょっと小ぶりで、本当は冷酒とか梅酒とか食前酒とかにぴったりな感じだけど(麦茶をごくごくには小さすぎる)、私はお酒は全く飲まないので、デザートに使ったりジャム入れに使ったり、冷たい煎茶を少し飲むのに使ったりしようかなと思っています。

本当は、小鉢として使えるお皿を探していたのだけど、みつけたものは色がブルーがかっていたので却下。透明が欲しかったから。
そういうわけで、今日の私の骨董市での買い物はこれだけです。

↑行く先々でかわいいDMハガキをもらっていた娘。収集癖は母譲り!?

娘は今日も買い物上手でした。
最近「砂鉄採り」がブームの娘(先月は「コマ回し」がブームでした・笑)。
うちにはちゃんとした磁石がないので、冷蔵庫に貼付けたりするかわいいマグネットを使ってちまちまと砂鉄を採っていたのだけど…
市めぐりの終盤で、何気なくがらくたのかごを皆でわいわい覗いていたら、U型の磁石を発見!
興奮する娘に「でももう今日はおこずかいの予算を使ったし」と私。友人達も「2年生か3年生になったら磁石セット学校でもらえるよ〜」と話していて、娘も諦めかけていたら、お店のおじさんが「それ10円でいいよ〜」!!娘の財布には11円だけ残っていたらしく、10円ならいいかぁとめでたく購入!
家で早速びんに集めた砂鉄をくっつけて、その迫力あるくっつきっぷりに興奮していました。
他にもちゃんと弟にお土産(トミカとウルトラマンの指人形)を買ってやったり、古めかしい事務シールをゲットしたりなかなかのセレクト。
かわいい色合いの「パズルけんだま」のおもちゃは、剣先コップを買ったお店でみつけた、私から娘へのささやかなプレゼントです。

途中揚げたてドーナッツと「肉巻きおにぎり」を食べたりしながら骨董市を楽しんだ後向かったのは、中崎町です。
骨董市
一昨日、子供達が動物は何を食べるか、という話で盛り上がり「動物園に行きたい〜」と言い出した。
昨日カレンダーを見ていて、今日オットが休みというのに気付いた。
それで…21日といえば、ずっと行ってみたかった四天王寺の骨董市の日。
四天王寺と言えば…天王寺動物園の近く。
「日曜日、天王寺動物園に行こうか?その前に骨董市に行って…」と、勝手に日曜の予定を決めてしまいました。
毎月21と22日に行われる骨董市がオットの休みと重なるなんてめったにないし。ということで出かけてきました。
天気もよくて日曜だからすごい人!それにあまりに規模が大きいので、始めから女組と男組に別れて行動。
男組は「食い」に走ってそれなりに楽しんでくれたみたいでよかった。
そして、娘と私は「かわいい」お店を探しては「きゃーかわいー」と興奮しつつ、骨董市を楽しみました。
最初にみつけたお店で目に入ったのが白のミニそろばん。
先日行った「menu」のレジ横の棚に飾ってあったのが印象的で頭から離れなかったのだけど、まさにそれと同じ白のがあったので、思わず買ってしまった!
娘が「かわいい」と言っていた昔のお菓子の箱に入ったレトロなおまけセットを、おじさんがサービスしてくれました。「ムヒ」と書いてあるミニミニこけしがかわいい。

次にみつけたお店。ペコちゃんとかの昔のおもちゃやおまけなどがたくさん。
それらに混ざって昭和レトロな雑貨がたくさん。
かわいい目覚まし時計も(うちのと同じSEIKOの別バージョンみたい)。

そしてここで本日いちばんのめっけもん!
エジリーのホーローケトルを買いました。
陳列棚の下にひっそりと置いてあるのを発見。しかも値札「800円」!
使った形跡はなく、埃をかぶっているくらいのいい状態のもの。
本当は赤が欲しかったけど、この色もかわいいし、この値段なら何でもオッケー。
ずっと解決しなかったうちのやかん問題、ひとまず解決です。

奥に写っているバスケットは、最後に寄ったお店でみつけたお買い得品。
中が赤のギンガムでかわいいのです。
でもこの大きさ…もう少し小ぶりのにしたらよかった…とちょっとだけ後悔。
でも四天王寺、なかなか楽しかった!かわいいお店、たくさんありました。

骨董市ではいつも「予算」を決めているので、今日はいっぱい我慢をしたけれど、またちょくちょく行けたらいいな…。
思わぬめっけもんがあるのが「市」のいいところ!
そして娘は、ただいまブーム中の「こま」をおこずかいで買っていました。(夜はコマ回し大会!)
揚げたてドーナッツを食べ歩きしたり、女二人だと気兼ねなく。

(一応)一番のお目当ての動物園は、こちらもすごい人で、しかも広くて、平日ガラガラのコンパクトな王子動物園に慣れているから、歩くだけで疲れてしまった…
でも新世界もちらっと通り、通天閣も久々に見て、充実した大阪の一日でした。
骨董市へ

今日は月に一度の山口の骨董市。
息子だけ連れて、母と行ってきました。
まずは好みのお店をみつけなくてはいけないのだけど、本当に広くてお店が多いので、ちゃんとみようと思ったら一日かかりそう...。
と思っていたら...わりとすぐに、かわいい置時計が目に飛び込んできました。
ずっとイメージしていた通りのもの。セイコー製で、おまけに大好きな赤がポイント!
そのお店は山口の古道具屋さん(新山口駅近くの「おとく屋」)で、いわゆる骨董に混ざって、そこの娘さんが仕入れたというかわいいものが隅っこに並べられていて、本当に好みだったので大興奮でした。
昭和初期のプレスガラスにちゃぶ台等々。
今回は大きめのものは買えないから置時計と大きめのアルミバットだけ購入。
アルミバットは大きめだから、収納にも使えそうだしトレイとして使えそう。
すぐにいいものに出会ってしまったので、あとは余裕でふらふらと散歩。
昭和のデッドストックのおもちゃや雑貨を売っているお店でアルミの弁当箱をみつけたので2つ購入。
赤の千鳥模様と花柄がかわいい。
一つは、娘と留守番してくれた義妹にお土産です。

最後にフリマコーナーでおもちゃ(プリキュアの缶は娘に、シンケンジャーのデジカメおもちゃは息子に、アンパンマンのマスコット人形は1歳の姪っ子に)を買って早々と切り上げました。
短い時間だったけど楽しかったなぁ。
 
骨董市

灘の護国神社で月に一度行なわれる骨董市に友人の運転で行ってきました。
人もたくさんいたしお店も多くて賑わっていました。
ここの神社はこじんまりしていて、公園もあって子供が退屈しないので、わりとゆっくり回れるのです。
予算をちゃんと決めて、ずっと探している「置き時計」をまずは探し始めました。
前にも覗いたことのある好みのお店がいくつかあって、そこを中心にうろうろ。
時計はわりとみつかるのだけど探している小ぶりのものがなかなかない…

そしたら!みつけました。中国の古いものらしく、秒針に合わせて首を動かすにわとりが文字盤についているかわいい時計! 目覚ましタイマーつき。隣にセイコーの古いものとかレトロポップなものもあったのだけど、これに一目惚れ。思ったより安かったし購入。
同じお店に古いトミカが置いてあって、暑い中付き合ってくれた息子に物色させて、今ではたぶん売っていないミルク屋さんの車をついでに買ってやりました。ばいきんまんとドキンちゃんは2つで100円。大サービス。
予算はまだまだ…
ジャンクなおもちゃをいっぱいの段ボールに入れて並べていたおじさんのお店でアルミのお弁当箱を発見。サイドにスライド式の箸ケース(箸も)がついていて中には密閉ケースとパッキンまでついて200円(ブック型お弁当箱というらしい)。何を入れようかな。
欲しいものばかりおいているのだけど割と高めなお店ではJANOMEミシンのアタッチメントが入っていた箱をみつけました。かわいい缶もあったのだけど値段が折り合わず(笑)この箱だけ購入。レトロな鉛筆削りとか気になるものがたくさんありました。
←右のお盆。いい大きさ!
途中、いがぐりをおまけにくれるというので栗を買って、最後もう一度ぐるっと一回りしたら、陳列台の下に刳り貫きのお盆が!ちょっと濃い色だけど状態も悪くないし…お店の人に頼んだらかなり格安にしてくれました。
探していた時計、好きな箱もの、必需品の台所用品…とまぁ無駄はなかったかなぁ。
予算ほぼ守れて、充実した骨董市でした。また行きたいな。